ARTISTIC DIRECTOR INTERVIEW CORDOVAN

ARTISTIC DIRECTOR INTERVIEW

CORDOVAN

New Color Items

気品と色気が同居する
「水染めコードバン」の新色

美しい風合いと希少性の高さから、“革のダイヤモンド”と称される「コードバン」。アーティスティックディレクターである大野真彰が革好きを魅了するその素材について、2022年の秋冬新色を中心に語ります。

絶妙なバランスで魅せる2色
バーガンディとダークモス

「コロナ禍の影響で環境の変化の多かった数年を経て、この秋冬には色づき散りゆく樹々の葉のような、細やかな変化を感じられる日々になれば、と選んだのが2022年秋冬の『熟成』というテーマです」。そこに沿いながら、「水染めコードバン」の魅力である「透明感」を味わえる2つの新色を制作。
「バーガンディ」は、落ち着きのある華やかさと色気を感じさせる色味。「ダークモス」は、緑、黒、茶色と、一口には言えない絶妙なニュアンスカラーが特徴です。

「色という本来、形のないもの、その移ろいゆく一瞬を切り取り形(製品)にしたような絶妙な色味です。それは、手にするたびに思わず眺めたくなる、そんな表情豊かな色に仕上がりました」。

「新色『ダークモス』は、ブラウンにひと匙のグリーンを混ぜたような絶妙な色味。その色がより引き立つように、ステッチや内装、コバ(革の断面)にブラウン系の色をあしらいました」。大野は色を「単体」でイメージするのではなく、革との相性や見栄えも考慮し、「形になるまでを想定」して選びます。

光のように色を感じられる
「水染めコードバン」

「コードバン」の原皮は、馬の臀部(でんぶ)から採取しています。一頭からわずかな量しか採れないその希少な素材を、タンニンで約1ヶ月かけて鞣した後、裏表から削り込んで緻密な層だけを残します。さらにその裏面を磨き上げて、表面として仕上げたものです。

その後、瑪瑙(めのう)という石を使って、革の床面(裏側)をならして磨く「グレージング」加工を施します。そして透明感のある染料を手作業で重ね塗りして仕上げられたのが「水染めコードバン」です。
「水染めならではの奥行きのある色の濃淡は、手入れやエイジングによって常に変化していきます。さまざまな要素が重なり合い、豊かな表情が出てくる。自然と愛着が湧いてくるように思います」。

細部と調和することで引き立つ
「コードバン」の品格

「『コードバン』の艶やかな美しさを、より一層際立たせるために。内装、ステッチ、コバにまでこだわっています」。

内装はしなやかに仕上げられた「ヌメ革」を採用し、ステッチには透明感に溢れる「コードバン」の色が引き立つ色をセレクト。さらに、「『コードバン』シリーズのアイテムは、正面からだけでなく、ぜひ側面も見て欲しい」と大野。コバは数回にわたって繰り返し染料を染み込ませ、その上からニスを塗り、さらに磨いて仕上げるという、とても手間暇のかかったもの。職人が手作業で染料を染み込ませて調節した仕上げによって、どの角度から見ても美しい佇まいだと言います。

“革のダイヤモンド”で持つ、
時代に即したアイテム

名刺入れや長財布など、スタンダードなアイテムが豊富に揃う「コードバン」シリーズに、L字型ファスナー財布を新たにご用意。「土屋鞄でもおなじみの『Lファス』は、キャッシュレス化の進む今のライフスタイルに適したアイテムです。シンプルなデザインは性別を問わずに使えるので、女性にも『コードバン』の素敵な魅力をお届けできたら良いですね」。

使い込むほど透明感と深みのある光沢感を纏う、「コードバン」シリーズ。手にするたびに心が満ち足りるアイテムを、どうぞお愉しみください。

ファスナーロングパース
ダークモス/バーガンディ

二折財布
バーガンディ/ダークモス

長財布
バーガンディ/ダークモス

Lファスナー
バーガンディ/ダークモス

絶妙なバランスで魅せる2色
バーガンディとダークモス

「コロナ禍の影響で環境の変化の多かった数年を経て、この秋冬には色づき散りゆく樹々の葉のような、細やかな変化を感じられる日々になれば、と選んだのが2022年秋冬の『熟成』というテーマです」。そこに沿いながら、「水染めコードバン」の魅力である「透明感」を味わえる2つの新色を制作。
「バーガンディ」は、落ち着きのある華やかさと色気を感じさせる色味。「ダークモス」は、緑、黒、茶色と、一口には言えない絶妙なニュアンスカラーが特徴です。

「色という本来、形のないもの、その移ろいゆく一瞬を切り取り形(製品)にしたような絶妙な色味です。それは、手にするたびに思わず眺めたくなる、そんな表情豊かな色に仕上がりました」。

「新色『ダークモス』は、ブラウンにひと匙のグリーンを混ぜたような絶妙な色味。その色がより引き立つように、ステッチや内装、コバ(革の断面)にブラウン系の色をあしらいました」。大野は色を「単体」でイメージするのではなく、革との相性や見栄えも考慮し、「形になるまでを想定」して選びます。

光のように色を感じられる
「水染めコードバン」

「コードバン」の原皮は、馬の臀部(でんぶ)から採取しています。一頭からわずかな量しか採れないその希少な素材を、タンニンで約1ヶ月かけて鞣した後、裏表から削り込んで緻密な層だけを残します。さらにその裏面を磨き上げて、表面として仕上げたものです。

その後、瑪瑙(めのう)という石を使って、革の床面(裏側)をならして磨く「グレージング」加工を施します。そして透明感のある染料を手作業で重ね塗りして仕上げられたのが「水染めコードバン」です。
「水染めならではの奥行きのある色の濃淡は、手入れやエイジングによって常に変化していきます。さまざまな要素が重なり合い、豊かな表情が出てくる。自然と愛着が湧いてくるように思います」。

細部と調和することで引き立つ
「コードバン」の品格

「『コードバン』の艶やかな美しさを、より一層際立たせるために。内装、ステッチ、コバにまでこだわっています」。

内装はしなやかに仕上げられた「ヌメ革」を採用し、ステッチには透明感に溢れる「コードバン」の色が引き立つ色をセレクト。さらに、「『コードバン』シリーズのアイテムは、正面からだけでなく、ぜひ側面も見て欲しい」と大野。コバは数回にわたって繰り返し染料を染み込ませ、その上からニスを塗り、さらに磨いて仕上げるという、とても手間暇のかかったもの。職人が手作業で染料を染み込ませて調節した仕上げによって、どの角度から見ても美しい佇まいだと言います。

“革のダイヤモンド”で持つ、
時代に即したアイテム

名刺入れや長財布など、スタンダードなアイテムが豊富に揃う「コードバン」シリーズに、L字型ファスナー財布を新たにご用意。「土屋鞄でもおなじみの『Lファス』は、キャッシュレス化の進む今のライフスタイルに適したアイテムです。シンプルなデザインは性別を問わずに使えるので、女性にも『コードバン』の素敵な魅力をお届けできたら良いですね」。

使い込むほど透明感と深みのある光沢感を纏う、「コードバン」シリーズ。手にするたびに心が満ち足りるアイテムを、どうぞお愉しみください。

ファスナーロングパース
ダークモス/バーガンディ

二折財布
バーガンディ/ダークモス

長財布
バーガンディ/ダークモス

Lファスナー
バーガンディ/ダークモス

読み物一覧へ