BLUE
BLACK
BROWN

コードバン
パスケース


COLOR -

移動の時間もエレガンスを忘れない、美しい革のスリムなパスケース。

改札をスムーズに通過できるだけではなく、美しい革で手にした姿を品良く演出できるパスケースだ。ICカードの万能化に従って収納枚数を2枚に絞り込み、上着やシャツの胸ポケットにすっきり収まる心地よい薄さを実現。交通機関のICカードと会社のIDカードを差しておけば、通勤時のタスクを概ね処理できる。また素材には、表に“革のダイヤモンド”と称される「水染めコードバン」を、裏に風合い豊かなソフトヌメ革を採用。革の色で表裏を一瞬で判別できるだけでなく、2つの革の風合いとエイジング、手触りを同時に楽しめる。

製品詳細

  • 思わずため息が漏れる、美しき“革のダイヤモンド”

    - 水染めコードバン -

    思わずため息が漏れる、美しき“革のダイヤモンド”

    コードバンは、“革のダイヤモンド”などと称される高級革。農耕馬の臀部(尻)から採れる原皮をタンニン100%で1ヶ月かけて鞣した後、その革を表裏から削りこんで極めて緻密な層のみを残し、その裏面(肉側の面)を磨き上げて表面に仕上げたものだ。革質はしなやかで、かつ、肌目がとても細かいため、たいへん美しく高級感溢れる革になる。

    「CORDOVAN」シリーズに採用された「水染めコードバン」は、表面を顔料で覆うのではなく、長い時間と多くの労力をかけて染め上げワックス仕上げを施したもので、通常のコードバンにはない自然な表情と素材感が楽しめる。使い始めは静かで落ち着いた印象の光沢が特徴だが、使い込むほどさらに艶を増し、宝石のように透明感に溢れた美しい光沢を纏う。染め革ならではの深い風合の熟成は、革好きの垂涎の的だ。

カラー&サイズ

カラー&サイズ

サイズ 外寸=縦6.7×横10.2×厚み0.3cm
重さ 約30g
素材 表面=コードバン(馬革)
表面内装=コードバン(馬革)
裏面=ソフトヌメ革(牛革)
裏面内装=ソフトヌメ革(牛革)
機能 カードホルダー×2

※数値はすべて概寸です。

【パスケースの取り扱い上の注意 交通系とクレジットカード】

2枚の非接触ICカードを切り替えて使えるパスケースです。(中仕切部分に読み取り誤作動を防止するためのカードが内蔵されています。)

●ICカードは、片面ポケットに2枚以上入れないでください。

●非接触ICカード例
・交通系(Suica、ICOCA、TOICA、PASMO、PiTaPaなど)
・クレジットカード(QUICPay、 PayPassなど)
・電子マネー(楽天Edy、nanaco、WAON、iDなど)
・その他(運転免許証、taspoなど)
●周波数帯域13.56MHzのICカード対応のパスケースです。カードの種類によっては読み取りエラーとなりますので、その場合はパスケースから取り出してご使用下さい。
●パソコン等で使用するリーダー/ライターの電磁波は微弱な為、読み取れない場合がございます。その際はパスケースから取り出してご使用ください。
●ロイコリライタブル(繰り返し書き込みできる箔のついたカード)のポイントカードは、通信阻害をおこす恐れがございますのでご注意ください。
●ICカードの性能には個体差があります。本製品の性能を十分に発揮出来ない場合がありますので、ご注意ください。

■「水染めコードバン」についてのご注意

・革本来の表情と素材感を生かすため、表面に防傷加工をしておりません。そのため爪やアクセサリーなどで容易に傷が付きますので、傷を気にされる方はご注意ください。
・この革は自然な表情をそのまま生かした仕上げをしているため、通常では隠れてしまう血筋やシワ、ピンホールと呼ばれる独特の毛穴の痕までお楽しみ頂けます。
・革の風合いを大事にした色付けのため、摩擦や水濡れ、長時間の接触などによって色落ち・色移りすることがあります。
・水に濡れるとシミや色落ち、水ぶくれなどの原因になることがございますので、濡れた手で触らないようご注意ください。

■「内装ソフトヌメ革」についてのご注意

・原皮の素地をそのまま生かした仕上げをしているため、シワや血管の痕などの自然な革の表情(ナチュラルスタンプ)がお楽しみ頂けます。

コードバン パスケース

¥14,850
COLOR: ブラック

コードバン パスケース

¥14,850

ただいまLINE公式アカウントにてスタッフによるチャット相談を実施しています。 製品のご質問、店舗在庫のお問い合わせ、お手入れ方法のご相談などお気軽にお問い合わせください。チャットはこちら

この商品を見た人はこちらも見ています

最近見た商品

「コードバン」シリーズ 「コードバン」シリーズ
おうち時間を楽しもう おうち時間を楽しもう