新しい年に手にしたい、
縁起の良い「春財布」

春に新調したり、使い始めたりする「春財布」は、「(お金で)張る財布」という語呂合わせから、縁起が良いといわれています。こちらでは、その「春財布」についてご案内します。

財布を新調するならおすすめは「一粒万倍日」
2023年1月6日(金)
一粒万倍日・天赦日
が重なった吉日です。

2023年1月開運カレンダー

 1月5日(木)「一粒万倍日」

★1月6日(金)「天赦日」×「一粒万倍日」

 1月9日(月)「大安」×「一粒万倍日」

 1月18日(水)「一粒万倍日」

 1月21日(土)「大安」×「一粒万倍日」

 1月30日(月)「一粒万倍日」

何事においても「始めるのに良い」とされる「一粒万倍日」は、お財布を新調したり、使い始めるにも大変縁起の良い日とされています。1月9日と1月21日も、「大安」と「一粒万倍日」が重なる吉日なので、6日を逃してしまった方はこちらを狙ってみては。

お財布の選び方

1.
革の種類から選ぶ

特におすすめしたいのは、革好きの注目を集め続けているこの2つ。洗練された品格と長く使える丈夫さを兼ね備える屈指の高級レザー、「コードバン」「ブライドルレザー」。いずれも、熟練の職人により伝統的な製法でつくられる、希少で高級な革素材です。

「水染めコードバン」

特徴


・「革のダイヤモンド」と称される高級皮革
・宝石のように透明感溢れる美しい光沢
・コードバン独自の肌目細やかな質感

土屋鞄が採用する「水染めコードバン」は、透明感のある染料を手作業で重ね塗りして仕上げたもの。素材そのものの風合いを生かしながら、奥行き感のある濃淡を生み出し、美しい表情と自然なエイジングを楽しめます。

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

「ブライドルレザー」

特徴


堅牢で格調高い英国製馬具用革
重厚な風合いが使い込むほどに深まる
・使い込むほど色艶が増し、琥珀のような光沢を纏う

土屋鞄の「ブライドル」シリーズに採用されているのは、英国の名門タンナー・J&E セジュウィック社の「ブライドルレザー」。馬具用につくられてきた頑強な革素材がルーツとなるこの革で、ベースレザーを仕立てるだけでも、原皮を100%植物性のタンニン剤で2回も鞣すなど、多くの手と時間をかけています。その上で、ロウを手作業で何度も何度も擦り込み、高い耐久性を獲得させました。

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

2.
形から選ぶ

二つ折り財布

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

ミニ財布

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

長財布

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

3.
個性的な革から選ぶ

上品な輝きの「ブロンズ色財布」

視線を奪う品のある輝きと、落ち着きのある大人の雰囲気を併せ持ち、特別感あふれる「コッパー」コレクションの財布。メイン素材には、イタリア製のヌメ革にブロンズ色の箔を乗せた、特別な加工の革を採用しています。

▼「ブロンズ色財布」はこちら

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

「エイジング」を存分にたのしむなら

銀面(表面)に銀磨り(バフ掛けで起毛調にする仕上げ)をして、さらにワックスとオイルを何度も塗り込んで仕上げた、土屋鞄オリジナルの素材「オイルバフドレザー」。使うほどになめらかな光沢を纏い、独特の色味に変化していくエイジングが魅力。

▼「オイルバフドレザー」はこちら

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

ギュッと、革の密度を感じる
上質なイタリアンレザー

握った時に"ギュッ”と鳴く革と、手のひら全体で感じる肉厚感。イタリア・トスカーナ州のタンナー(革鞣し工房)が手掛ける高級革「バケッタ・ミリングレザー」は、オイルをたっぷりと含むためエイジングがとても早く、なんとも言えない色気のあるつやがにじみ出てきます。

Sold out
Sold out
Sold out
Sold out

財布選びに悩んだら


財布選びのヒント

「コードバン」or「ブライドル」?

どちらにしようか、迷った方へ。素材の共通点やそれぞれの特徴、ケア方法など、両者の魅力をより詳しくお伝えします。

店舗に立つスタッフが、自分に合った財布の選び方をお伝えします。

スタッフおすすめ財布

土屋鞄のスタッフが実際に愛用している財布をご紹介します。