私は夏の、本の虫

  私は夏の、本の虫  

ある、午後の話。

ある、午後の話。

立夏はとうに過ぎ、夏至も迎え、日が随分伸びた。
うれしいことに、今日は随分と、過ごしやすい。

立夏はとうに過ぎ、夏至も迎え、日が随分伸びた。
うれしいことに、今日は随分と、過ごしやすい。

広く開け放った縁側から、穏やかな風が吹き、肌とシャツの隙間をなでる。
こんな午後は、本を読むに限るのだ。

広く開け放った縁側から、穏やかな風が吹き、肌とシャツの隙間をなでる。
こんな午後は、本を読むに限るのだ。

子どもの頃、祖母がつくってくれた好物。
濃いめのグリーンティーを用意し

子どもの頃、祖母がつくってくれた好物。
濃いめのグリーンティーを用意し

ブックカバーをかける。
革とインクの混じった、懐かしい匂い。

このひと手間も、また楽しい。

ブックカバーをかける。
革とインクの混じった、懐かしい匂い。

このひと手間も、また楽しい。

そして思う存分、活字の森を歩きまわる。

私は夏の、本の虫。