人の手のあたたかさの中で、
うまれて、生きる鞄を。

人の手のあたたかさの中で、うまれて、生きる鞄を。

1965年に、ランドセルづくりから始めました。
子どもたちの6年間を支える鞄。
土屋鞄はそこに思い出が宿ることを、いつも考えています。
そのためには丈夫でなくてはならない。
時が経っても、持ち主に似合うデザインでなくてはならない。

この想いをもって、私たちは大人が持つ鞄をつくり始めました。
鞄としてただ機能するだけでなく、
ずっと、思い出のうつわとして、あなたの傍らにいられるもの。

そして使っていくうちに

相棒のような
家族のような
親友のような
あなたにとって、普通で、欠かせない存在になれたなら。

そう願いながら、一つひとつを丁寧に、人の手で。
良質な革素材と手仕事に、
想いを込めてつくっています。

工房からメイドインジャパンを届けます。

工房からメイドインジャパンを届けます。

始めは、小さなランドセル工房だった土屋鞄製造所。今では、商品の企画から販売まで一貫してものづくりに取り組んでいます。その過程の中で少しずつ新しい仲間や、私たちと想いを同じくする工房を迎え、共に品質の向上に努めています。

また、世代を超えてメイドインジャパンの技術をつないでいくことも、土屋鞄製造所の信条。「ものづくりが好き」という若手のエネルギーも、「ずっと、これだけをやってきた」という熟練のまっすぐなパワーも大切にしながら、日々商品を製造しています。

革素材に込める想い。

革素材に込める想い。

今日より、明日のほうがいい風合い。
時をすごすことが 楽しみになるような、良質な革素材を選び抜いています。土屋鞄製造所の製品を通して、革という素材の良さ、面白さを伝えていきます。


製品シリーズ

OTONA RANDSEL

OTONA RANDSEL

ランドセルメーカーとして始まった土屋鞄が
お届けする、
大人ランドセル。
新たなビジネススタイルを提案します。

シリーズ一覧ページへ
Tone OILNUME

Tone OILNUME

しっとりとした質感と飾らないデザインが人気。
土屋鞄で長く愛されるロングセラーシリーズです。

シリーズ一覧ページへ
Diario

Diario

愛用の日々が味わいの1ページを加えてゆく、
「日記」のような相棒のレザーアイテム

シリーズ一覧ページへ
Black-nume

Black-nume

相反する要素の同居・「調和」で、
もつ個性を引き立てるレザーアイテム。

シリーズ一覧ページへ
その他シリーズ一覧へ

店舗のご紹介

店舗一覧

土屋鞄製造所の製品は実店舗とオンランストアでご購入いただけます。
実店舗では革の風合いや質感をお手にとってお楽しみいただけます。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

読み物コンテンツ

土屋鞄をとりまく「ものづくり」やあれこれを読み物としてお伝えしていきます。

#土屋鞄のものづくり

眼差しの先にあるもの - 04.平石公一

眼差しの先にあるもの - 04.平石公一

#レザーエイジング

Aging Gallery vol.03

Aging Gallery vol.03

#革のお手入れ

革のメンテナンス01. 基本のオイルケア

革のメンテナンス01. 基本のオイルケア