はじまりの手帳 ほぼ日×土屋鞄製造所

はじまりの手帳 はじまりの手帳

はじまりの手帳

人と思いに寄り添う2つのものづくりから
「はじまりの手帳」が生まれました。

人と思いに寄り添う2つのものづくりから「はじまりの手帳」が生まれました。

持つ人それぞれが自分の生活やスタイルに合わせて自由にのびのび使える「LIFEのBOOK」―そのように、毎日が楽しくなる手帳が「ほぼ日手帳」です。株式会社ほぼ日の皆さんが「自分たちが本当に欲しい手帳をつくろう」という思いからつくり始めて、今年で21年。今では世界中で74万人が愛用しています。

そんな「ほぼ日手帳」で、多くの方の一年の始まりを応援する株式会社ほぼ日と、人生のはじまりのタイミングを鞄や革小物で支えてきた土屋鞄製造所。この2社のコラボレーションから、2020年に他のどこにもない「はじまりの手帳」が生まれました。新しい環境に臨む方、はじめて革の手帳を持ってみようという方、さまざまな方のはじめての瞬間に「はじまりの手帳」が寄り添えたらと願っています。

新しいステージにともに立ち合い、
応援してくれる相棒のような存在の手帳。

成人になる。社会人になる。転職する。結婚する。子どもを授かる。そうした、これまでと違う「はじまり」の時に寄り添って一緒に立ち会ってくれる、人生の相棒のような、長く大切に使いたくなる革の手帳をつくりたい。今年発売から21年目を迎えた「ほぼ日手帳」と土屋鞄が、そんな思いから手と手を取り合ってつくったのが、この「はじまりの手帳」です。

コラボレーションをして2年目を迎えた今年は、革紐を巻いて留めるROLLタイプに、新たに週間手帳のweeks用のサイズを加えた、計4タイプをご用意。持つ人それぞれが、自分の生活やスタイルに合わせて自由にのびのび使えるように。そんな願いを込めて、手にするほど心地良くなじみ、自分だけの味わいに育っていく「オイルヌメ革」を採用しました。「ほぼ日手帳」と土屋鞄、それぞれの思いとこだわりが1つに重なり合ったコラボレーションアイテムです。

ほぼ日手帳カバー
はじまりの手帳 ROLL
(オリジナルサイズ)

ほぼ日手帳カバー
はじまりの手帳 ROLL
(カズンサイズ)

ほぼ日手帳カバー
はじまりの手帳 ROLL
(weeksサイズ)

ほぼ日5年手帳カバー
はじまりの手帳 KEY
(A6サイズ)

※ほぼ日手帳カバーROLL(オリジナルサイズ・カズンサイズ)の予約販売は、予定数量に達したため終了致しました。

次回、12/5(土)より、ほぼ日5年手帳カバー KEYとあわせて通常販売を開始いたします。

※ほぼ日手帳カバーROLL(オリジナルサイズ・カズンサイズ)の予約販売は、予定数量に達したため終了致しました。

次回、12/5(土)より、ほぼ日5年手帳カバー KEYとあわせて通常販売を開始いたします。

予定数量に達したため、販売を終了いたしました。

ご購入について

土屋鞄製造所オンラインストア・店舗と
ほぼ日ストアでご購入いただけます。

土屋鞄製造所でのご購入方法

通常販売

はじまりの手帳 ROLL(オリジナルサイズ、カズンサイズ、weeksサイズ)、はじまりの手帳 KEY(A6サイズ)の全ての製品

販売開始

オンラインストア :10/21(木)10:00 ~順次
店舗:10/21(木)~

販売店舗

オンラインストア、実店舗(鞄出張店舗除く)

※限定製作・販売となります。

COMMING SOON

通常販売終了

ほぼ日ストアでの購入方法

ほぼ日ストアでは、はじまりの手帳 ROLLを9月と2月に、はじまりの手帳 KEYを11月に、それぞれ抽選販売いたします。 詳しくは、ほぼ日ストアにてご確認ください。

9月より抽選販売を開始いたします。
詳しくは、ほぼ日ストアにてご確認ください。

「ほぼ日」コンテンツ

ほぼ日のサイトで製品誕生までのストーリーをお読みいただけます。

土屋鞄製造所×ほぼ日 「はじまりの手帳」ユーザー座談会&お手入れの基本

土屋鞄製造所と作った「はじまりの手帳」。ユーザーが使い心地を語る座談会と、革のお手入れの基本をお伝えします。

過去のコンテンツ

土屋鞄製造所×ほぼ日 「はじまりの手帳」ができるまで

土屋鞄製造所とほぼ日とがはじめて一緒につくった「はじまりの手帳」。味わい深い革の手帳カバーはどのようにできあがるのか、土屋鞄さんに伺いました。

はじまりの道具

さまざまな分野のプロフェッショナルの方に、仕事をはじめて一番最初に手にした「はじまりの道具」について聞いたインタビュー連載です。

共通点のある仕事。

ほぼ日×土屋鞄製造所のコラボレーションを振り返って

土屋鞄製造所の皆さんとほぼ日とがご一緒して生まれた「はじまりの手帳」。このコラボレーションについて、土屋鞄の皆さんに改めて振り返っていただきました。

人生の「はじまり」を手伝う仕事。

ランドセル選びを通じて子どもたちの「はじまり」を支えてきた土屋鞄製造所の清野麻保さんにお話をうかがいました。

タイトル

ディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプションディクスリプション