鞄と革の用語辞典 -皮から革へ-

【タンナー】
Tanner

動物の生の「皮」をバッグや靴などの素材として使える「革」にするには、腐ったり固くなったりしないように「鞣す」という加工をします。その鞣す加工を行う専門の業者が「タンナー(tanner)」です。“tanner”は、英語で「鞣す・日焼けさせる」を意味する“tan”が元の言葉。他に、革の製造工場を「タナリー(tannery)」、革を鞣すことを「タンニング(tanning)」と言います。

タンナーは世界中にありますが、特に有名なのはイギリス、フランス、イタリアです。特にイタリアはタンナーが多く、トスカーナ地方だけでも数千以上存在しています。なお、日本にも技術の高いタンナーは多く、兵庫県の姫路市周辺が特に有名。またブタ革のタンナーは、東京の墨田区に集中しており、世界でも最高級の品質を誇っています。

【原皮】
Raw hide and skin

動物から採取した皮膚を、いつでも鞣しの工程に入れるよう塩漬けにし、保存状態にしたものが「原皮(げんぴ)」または「原料皮(げんりょうひ)」です。英語圏では、牛や豚など大型動物の原皮を“hide(ハイド)”、鹿や羊、爬虫(はちゅう)類などの中型~小型の動物から採ったものを“skin(スキン)” と呼んで明確に区別しています。

食肉用に処分された動物の皮膚は脂肪や肉片などが残っているので、タンナーに運び込む時までに腐ってしまうおそれがあります。そこで、皮膚を完全に塩漬けにし、ある程度保存の効く状態にしてからタンナーに卸します。そのため実際に鞣す際には、塩を抜く工程が必要となります。

【タンニン鞣し】
Vegetable tannin tannage

「タンニン」は、植物の樹皮や幹、葉や実などに含まれるポリフェノールの一種。「渋」とも呼ばれ、皮を鞣す作用があるので、紀元前より世界中で革づくりに使われてきました。革の鞣しにはミモザやチェストナット、ケブラチョなどの樹木から採れるものを主に使用しますが、タンニンの種類によってできる革の性質が異なるのでブレンドして使います。

タンニンで鞣した革は線維が引き締まって堅く、とても丈夫。革らしい自然な風合いで、使うほど味わいが出てくるのが人気ですが、鞣すのに時間と手間がかかるため、現在ではクロム鞣しが主流です。しかし、近年は環境に優しい製法であることが再評価され、その価値が見直されています。

【クロム鞣し】
Chrome tannage

「クロム鞣し」とは、クロムという金属の化合物で革を鞣す製法。19世紀のドイツでその鞣し作用の原理が発見され、20世紀までには現代の製法の基礎となった鞣し技術が確立しました。伝統的なタンニン鞣しに比べて低コストで仕上がりが早いため、現在世界で流通している革の多くが、この製法を施されたものになっています。

クロム鞣しでつくられた革は、タンニン鞣しの革と比べて軽く、柔軟で弾力性があります。また熱に強く、染色した際の発色が良いという優れた特長も。そのため表現力が格段に増し、革製品のデザイン性・汎用性がぐんと向上しました。またコストの低下により、高級品であった革製品がより一般的なものになった点も重要です。

【コンビネーション鞣し】
Combination tannage

2種類またはそれ以上の鞣し方を併用した製法で、複合鞣しとも言います。ほとんどの場合は、先にクロム鞣しを施した後に植物タンニンや合成タンニンで再鞣しを行うものです。ただし、目指す革の性質により逆の順番でコンビネーション鞣しを行うこともあり、これを「逆コンビネーション鞣し」と呼ぶことがあります。

コンビネーション鞣しでは、1つの鞣し方では得られない特性を付加したり、欠点を補ったりすることができます。例えば、タンニン鞣しの革にはない柔らかさを加えたり、クロム鞣しの革にはないコシ感や風合いを加えたり、という具合。近年は革素材に対する要求が多様化しているため、コンビネーション鞣しの需要が増しています。

【ピット鞣しとドラム鞣し】
Pit tanning, Drum tanning

複数の水槽(pit)に濃度の異なるタンニン溶液を張り、濃度の低い順に原皮を漬け込んでいってタンニン鞣しを行う方法を「ピット鞣し」と言います。大変時間がかかりますが、その分、深くタンニンが浸透してより頑丈な革ができます。現在はタンニンを粉末にして溶かしていますが、伝統的な製法では、木のチップを水槽に漬け込んでタンニンを染み出させていました。

一方、大きな回転ドラムの中に原皮と鞣し剤と水を一緒に入れて攪拌(かくはん)し、鞣す方法が「ドラム鞣し」です。タンニン鞣し、クロム鞣し、コンビネーション鞣しのいずれも行うことができ、現代では主流の方法となっています。タンニン鞣しでも、この方法を用いるとピット鞣しよりも早く仕上がり、ややコシの柔らかい革に仕上がります。