フレッシュな春のカラーを楽しむ、4つのスタイル。

フレッシュな春のカラーを楽しむ、
4つのスタイル。

「クラルテ」シリーズに登場した春夏限定色、
「アイスブルー」と「ペールイエロー」。

毎日愛用する鞄に、明るいカラーを取り入れて、
心弾むような、フレッシュな春の装いを楽しんでみませんか。

今回は、スタイリスト・岩崎亜矢さんと一緒に考えた、
おすすめのコーディネートをお届けします。

フレッシュな
春のカラーを楽しむ、
4つのスタイル。

「クラルテ」シリーズに登場した春夏限定色、
「アイスブルー」と「ペールイエロー」。

毎日愛用する鞄に、明るいカラーを取り入れて、
心弾むような、フレッシュな春の装いを
楽しんでみませんか。

今回は、スタイリスト・岩崎亜矢さんと
一緒に考えた、おすすめの
コーディネートをお届けします。

WEBやカタログなどで、幅広いスタイリングを手掛けられている岩崎さん。今回は、スタイリングだけでなく、限定カラーの鞄との組み合わせを考える上で、押さえておきたい色のポイントなども教えていただきました。

「どちらもコーディネートを明るくしてくれる、華やかなカラーリングですね。ペールカラーは一見すると甘い印象ですが、色の組み合わせ方やアイテム次第で、甘さを抑えた春らしい大人のコーディネートが楽しめますよ。

ペールカラーは同じ色同士の相性も良いので、今回は鞄の色に近しい色味やトーンでコーディネートしてみましょうか。ネイビーや黒といった濃い色もポイントに使うことで、コーディネートを引き締め、ペールカラーの色味を引き立ててくれますよ。着こなしのハードルが高そうと思われている方のために、誰でも取り入れやすい白やデニムと合わせたコーディネートも提案してみたいと思います」

WEBやカタログなどで、幅広いスタイリングを手掛けられている岩崎さん。今回は、スタイリングだけでなく、限定カラーの鞄との組み合わせを考える上で、押さえておきたい色のポイントなども教えていただきました。

「どちらもコーディネートを明るくしてくれる、華やかなカラーリングですね。ペールカラーは一見すると甘い印象ですが、色の組み合わせ方やアイテム次第で、甘さを抑えた春らしい大人のコーディネートが楽しめますよ。

ペールカラーは同じ色同士の相性も良いので、今回は鞄の色に近しい色味やトーンでコーディネートしてみましょうか。ネイビーや黒といった濃い色もポイントに使うことで、コーディネートを引き締め、ペールカラーの色味を引き立ててくれますよ。着こなしのハードルが高そうと思われている方のために、誰でも取り入れやすい白やデニムと合わせたコーディネートも提案してみたいと思います」

爽やかなブルーが香る、
マニッシュなパンツスタイル。

「アイスブルー」の鞄を主役にした、ワントーンスタイル。色の軽やかな印象に合わせて、ハイウエストのきりっとしたパンツスタイルでまとめてみました。難しいテクニックいらずのセットアップなら、爽やかなブルーでまとめるだけでスタイリッシュな着こなしになりますよ。(岩崎さん)

スタイリングで使用した鞄はこちら

クリーンな白×ペールカラーで、
着こなし上手に。

清涼感あふれる“白”を取り入れたコーディネート。ペールトーンとも相性の良い万能カラーの白は、気負わず取り入れられるのでおすすめです。ロングシャツにニュアンスのあるスカートを合わせれば、今年らしい旬な装いに。鞄のイエローが、エレガントな雰囲気も添えてくれますね。(岩崎さん)

スタイリングで使用した鞄はこちら

ダークカラーで引き締めれば、
より華やかな印象に。

色のコントラストを楽しみたい、休日の着こなし。「ネイビー×ペールトーン」の配色を取り入れてあげると、みずみずしい春色が引き立って、女性らしい華やかな印象に仕上がります。リボンがアクセントになった鞄とバレエシューズで、大人の遊び心も加えてみましょう。(岩崎さん)

スタイリングで使用した鞄はこちら

色と素材でメリハリを効かせた、
上品な大人カジュアル。

定番のデニムで仕上げる、大人のスタイル。カジュアルになり過ぎないように、とろみ素材のグレーのシャツと黒のローファーでメリハリを効かせてあげるのがコツ。デニムと同系色のバッグならまとまりが出て、革の風合いが上品な雰囲気を加えてくれますね。(岩崎さん)

スタイリングで使用した鞄はこちら

これからの季節にぴったりの、4つのコーディネート。
新しい鞄と一緒に、春のおしゃれを楽しみませんか。

これからの季節にぴったりの、
4つのコーディネート。
新しい鞄と一緒に、
春のおしゃれを楽しみませんか。

登場した製品はこちら