How to care 革のメンテナンス方法

革のメンテナンス方法

革製品と長く付き合うために、覚えておくと役に立つのが「お手入れ方法」。
今回は、よくお問い合わせをいただくお悩みをQ&A形式でご紹介します。
お手持ちの製品やライフスタイルに合わせて、自分にあったお手入れ方法を見つけてみてください。

革のお手入れを初めてします。何から始めれば良いでしょうか。

乾拭きやブラッシングをして、様子を見ながら防水ケアやオイルケアをしましょう。

革製品を初めて購入するとき、一緒に買いそろえておくと安心なのが革用のクロスブラシ、 そしてオイル防水スプレーです。 まず、製品に付着したほこりを落とします。小物は「ポリッシングクロス」 で乾拭きをし、鞄などのサイズが大きいものには「馬毛ブラシ」などでブラッシングをしましょう。 ブラシはステッチや隅の部分など、クロスだけでは取りにくいほこりを払うのに最適です。 革に触れたときにかさつきを感じたら、乾拭きの後に「コロニル シュプリームクリームデラックス」でオイルケアをしましょう。 また、一般的に革は水に弱いので、濡れてもシミがつきにくくなるよう「コロニル 防水スプレーウォーターストップ」をかけておくと安心です。頻度は月に1回程度。梅雨の時季には週に1回のペースで、こまめにケアをすると水シミを防ぎます。

もっと詳しく見る
基本のお手入れをもっと手軽に
コロニル シュプリームプロテクトスプレー

お手入れの時間がなかなか取れない方や、会社や旅行など、出先で簡単にケアしたい方には「コロニル シュプリームプロテクトスプレー」がおすすめです。 防水効果を発揮する「フッ化炭素樹脂」と、皮革に潤いや栄養を与える浸透性の高い「シダーウッドオイル」がブレンドされたスプレーは、 これ1つで「防水」と「保革」の効果を同時に発揮。スエードなどの起毛革を含む、さまざまな皮革にも対応します。

商品詳細はこちら

財布の折り目や鞄の角が、白くなってしまいました。

乾燥しやすい部分は、こまめにオイルケアをしましょう。

使い始めの頃に革に含まれていた油脂分は、時間が経つにつれて抜けていき、人の肌と同じように「乾燥」してしまいます。 特に、財布の折り目や鞄の角など「革が折り曲げられている部分」は、かさつきやすく、そのまま放置しておくとヒビ割れの原因にも・・・。 かさつきを感じたらクロスに少量のオイルを取り、とんとんと優しく塗っていきましょう。オイルケアをすることで革に油脂分が補充され、 柔らかな状態に。乾燥した部分が目立ちにくくなります。

オイルケアについて詳しく見る 商品詳細はこちら

明るい色の革製品が欲しいのですが、汚れてしまわないか心配です・・・。

こまめに手入れをして、日常の汚れを取り除きましょう。

オイルケアや防水スプレーなど基本のケアに加え、「コロニル レザーソープ」でこまめに日常の汚れや皮脂を落とすことで、 よりきれいな状態でお使いいただけます。フォーム状のクリーナーは皮脂などの汚れを落とすだけではなく、保革もしてくれるアイテム。 使用するたびに皮革を引き締め、革本来の風合いを蘇らせます。水分が少なくシミになりにくいため、初めて革製品をお手入れする方にもおすすめです。

商品詳細はこちら
もし汚れが付いてしまったら・・・
皮革用クリーナー

革に汚れが付着してしまった場合、大切なのは「汚れが革に染み込んでしまう前に、早めに対処すること」です。 ケアするときは清潔で柔らかい布を用意して、「皮革用クリーナー」で優しく落としましょう。汚れが落ちたら仕上げに乾拭きをして完了です。 革製品をお持ちの方は、一本持っておくと安心ですね。

汚れ落としについて詳しく見る 商品詳細はこちら

スエード素材には、どんなお手入れ方法がおすすめですか。

クリームが使えない起毛革には、「シュプリームプロテクトスプレー」でケアをしましょう。

起毛しているスエード素材は、クリームを塗ることで毛足が寝てしまい、風合いを損ねてしまうことも。 そこでおすすめなのが、「シュプリームプロテクトスプレー」です。スプレータイプなので毛足が寝ることなく、起毛の間にも成分が満遍なく浸透します。 鞄や財布はもちろん、靴やウエアなど、幅広い皮革製品のお手入れにご利用いただけます。

商品詳細はこちら

鞄が濡れてしまった場合、どう対処すれば良いでしょうか。

早めに乾拭きをして、水分を取り除きましょう。

外出中に突然の雨で革製品が濡れてしまった場合、焦ってゴシゴシと力強く拭いてしまうかもしれませんが、 色落ちや色移りの原因になってしまいます。外出中であれば、まずは雨風の防げるところに避難。それから乾いた布でとんとんと優しくたたき、表面の水分を取りましょう。 基本的には事前に「防水スプレーウォーターストップ」や 「シュプリームプロテクトスプレー」で防水ケアをしておくのがおすすめです。

防水ケアについて詳しく見る
もしシミになってしまったら・・・
シュプリームクリームデラックス
を活用しましょう。

雨風にさらされて革が濡れてしまうと、奥の線維まで水が染み込みます。 すると、濡れた部分の色が濃くなり、乾くときに革の油脂分が一緒に抜けてしまうので、潤いが不足してしまいます。 この両方をケアするアイテムが「シュプリームクリームデラックス」。水シミの部分に薄く塗って油脂分を補充しつつ、濡れていない部分との境目には重点的に塗って、シミを目立たなくしましょう。

商品詳細はこちら

皆さま、いかがでしたでしょうか。 お手入れに関するお悩みは解決されましたか? 今回ご紹介した内容を覚えておくと、いざというときも安心して対処することができます。 お手入れ時間を楽しみながら、革製品と心地良い時間をお過ごしください。


メンテナンス用品一覧
読み物一覧へ