「運ぶ」を楽しむ Vol.03 ワイングラスを運ぶ

普段、鞄づくりに真摯に向き合っている職人が
とっておきの「“ ”を持ち運ぶ鞄」を考えてみました。
日々磨き続けている技術や知識を生かし、
土屋鞄の職人ならではの「遊び心」をお届けします。

ワイングラスを運ぶ

お気に入りの場所に、お気に入りのワインとグラスを携えて、 自分だけの時間を、いつもより少し贅沢に愉しんでいただきたい。
そんな思いから、職人・佐々木はワイングラスを運ぶ鞄をつくりました。

底面の張り込み

ディアリオ」 シリーズの製品と同じように、底面は複数の革のパーツを張り込んでつくっています。 このとき、革をねじってしまったり強く引っ張ったりしてしまうと、たわみができてしまうんです。 出来上がったときの鞄の佇まいを想像しながら、力加減を調整しました。

グラスを運ぶための、精緻な設計

持ち運ぶときにグラスが中で揺れないよう、 上部をひねり、中央にできた隙間でステムを固定する構造。 小さなパーツの集合が面から立体を成し、 精緻な動きを生み出すこの設計は、 グラスの製作工程の中から着想を得て生まれました。

ひねる動きをスムーズにする折り目のくせ付けや、 四角い本体に円形の底部をゆがみなく張り込む仕立てなど、 職人の繊細な技術を随所に盛り込んでいます。

土屋鞄製造所 × Sghr スガハラ

今回は、Sghr スガハラさんとの特別なコラボレーション。 ワインを飲む“美味しい気分”を演出するオリジナルグラスと、 そのグラスをお気に入りの場所で使うための 専用の特製レザーバッグを、セットで予約販売します。

どちらも「運ぶ」をテーマにして生み出された、 今回だけの、特別な形です。

制作した職人

佐々木 祐子(ささき ゆうこ)

2005年入社。販促業務を3年担当した後、念願の職人の道へ。ランドセル・鞄の製造の経験を重ね、産休後、鞄のサンプル職人に。子どもの頃に夢見ていた“デザインする人と使う人の中間にいる存在”として、新製品の開発に携わっている。